2013年04月19日

4/19公開映画「リンカーン」

本日は巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が描く、伝記戦争ドラマ映画である「リンカーン」の公開日です。

さっそくこの映画について紹介させていただきます。

リンカーンポスター.jpg



ストーリー↓

アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーン― 彼は史上最も愛された大統領と言われ、黒人の兵士を含め多くの人々に慕われ、常にオープンに接するユーモアやカリスマ性を持った人物だった。

1865年1月。大統領に再選されて2ヶ月が経ったが、リンカーンは毎日「たった1人で船に乗ってどこかへ向かっている」という奇妙な夢に悩まされていた。アメリカ国内では4年以上に及ぶ南北戦争が未だに続いている。

リンカーンの悲願であった奴隷解放は1862年9月22日の奴隷解放宣言によって成し得たかと思われた。だが、この宣言で開放された奴隷はごくわずかであり、その宣言は戦時の立法措置に過ぎなかったため南北戦争終結と共に効力を失い、開放された人々は再び奴隷になってしまう。「すべての人間は自由であるべき」と信じるリンカーンはアメリカ合衆国憲法修正第13条を議会で可決させ、奴隷を永久に解放することを決意。しかし戦争は既に終わる方向に進んでおり、可決するまでに戦争が終結すれば奴隷解放は不可能になるため、2月までに上院・下院の両方で可決させなければならなかった(1864年4月に既に一度 修正第十三条を議会に提出していたが、下院では3分2の以上の可決を得ることが出来ず失敗していた)。

リンカーンの属する共和党の内部でも奴隷解放よりも1日も早く和平に応じるべきだという考えが強くなっており、戦争により既に62万人以上の人々が戦死していた。更には疎遠だった長男でハーバード大学院生のロバートまでが両親の反対を押し切って北軍に入隊し闘うと言い始めてしまう。三男のウィリーを病で亡くしたことで精神的に苦しんでいた妻・メアリーとの仲も良好とは言えず、「戦争でロバートまで失えばあなたを一生許せない」と責める。リンカーンの心が安らぐのは幼い四男のタッドと共に過ごす時間だけだった。自らの理想と戦争によって生じる多くの犠牲の間で孤独なジレンマに苦悩するリンカーン。大統領として、父親として、夫として、1人の人間としての苦境の中で彼が下す決断とは......



さて、この映画は1999年にすでにスティーブン・スピルバーグがプロジェクトとして話し合いを行っており、2001年には配給会社であるドリームワークスと契約を済ませています。2006年には撮影を開始予定でしたが、スティーブン・スピルバーグが脚本に不満を持ち、撮影は延期されました。

そして、2009年に修正第13条採決に終始する2か月を描いたストーリーに変更されました。

スティーブン・スピルバーグ↓
スティーブン・スピルバーグ.jpg
(「E.T.」や「ジュラシックパーク」等、数多くの名作を手掛けた名監督としてい知られる。)


2005年当初はリンカーン役にリーアム・ニーソンをキャスティングしていたが、2010年に「僕はもうリンカーンを演じるには歳をとり過ぎてしまったよ」と言い降板してしまいました。そして、同年にダニエル・デイ=ルイスが演じることが発表されました。

ダニエル・デイ=ルイス↓
ダニエル・デイ=ルイス.jpg
(「マイ・レフトフット」、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」でアカデミー主演男優賞を受賞している名俳優だが、今作で史上初の3度目の主演男優賞を受賞する。)



そして、サリー・フィールドは当初、早ければ2007年9月にキャストに加わると発表されていましたが、正式に加わったのは2011年4月となりました。スピルバーグは当初からサリー・フィールドの起用を望んでおり、「メアリー・トッド・リンカーンという人間の複雑さともろさを演じられるのは彼女しかいない」とコメントしていました。

サリー・フィールド↓
サリー・フィールド.jpg
(最近では「アメイジング・スパイダーマン」で、主人公のおばのメイ・パーカー役として知られている。)



エイブラハム・リンカーンの息子であるロバート・トッド・リンカーンを演じたのはジョセフ・ゴードン=レヴィット。「ダークナイト ライジング」「LOOPER/ルーパー」等に出演しています。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット.jpg



そして、トミー・リー・ジョーンズもサディアス・スティーヴンス役で出演しています。
(スティーヴンスは共和党議員過激派で奴隷解放論者で、修正第十三条を可決するにあたって大きく貢献した。)

トミー・リー・ジョーンズ↓
トミー・リー・ジョーンズ.jpg
(「メン・イン・ブラック」シリーズ、「逃亡者」等で知られている。日本ではBOSSのCMで有名。)



今作の撮影は2011年10月17日に開始され、2011年12月19日に完了しました。アメリカ合衆国では2012年11月16日にディズニーのタッチストーン・ピクチャーズを通し、ドリームワークス配給で公開されましたが、国際配給は20世紀フォックスが行っています。日本でも20世紀フォックスの配給となりました。

そして、第85回アカデミー賞では作品賞を含む12部門でノミネートされ、主演男優賞とアカデミー美術賞を受賞しました。


史上最も愛されたリーダーの知られざる感動の物語。奴隷解放のために、すべての人々に真の自由を与えるために戦った、リンカーンの最期を描いた今作品を是非!劇場でご覧ください。




E.T.コレクターズ・エディション [DVD]

新品価格
¥700から
(2013/4/22 07:52時点)




ジュラシック・パーク [DVD]

新品価格
¥600から
(2013/4/22 07:53時点)




Lincoln

新品価格
¥919から
(2013/4/22 08:14時点)





posted by MOURDOCH at 00:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。